オイリー肌女子必見の正しいケア方法やおすすめのスキンケアをまとめました。

新着記事一覧

新着記事一覧

お悩みから探す

お悩みから探す

オイリー肌さんのお悩み別に役立つ情報を紹介!

辛いオイリー肌、脂性肌の悩みを抱える全ての女性へ

「オイリー肌の正しい知識と対策マニュアル」は、オイリー肌・脂性肌にお悩みのすべての女性を健康で美しいお肌に導くためのサポートをしています。

ひとくちにオイリー肌・脂性肌といっても、人によってお悩みはさまざまです。
そこで当サイトでは、「顔のテカリ・ベタつき」「毛穴の黒ずみ」「化粧崩れ」などなど…お悩み別に気になる情報をピックアップして紹介しています。

皆さまのオイリー肌・脂性肌のトラブル解決の参考にご活用ください!

目次

  1. オイリー肌(脂性肌)は改善できる!
  2. 「保湿」はオイリー肌(脂性肌)を改善するカギ
  3. 「とりすぎケア」はオイリー肌(脂性肌)を悪化させる?!
  4. 正しいケアで、オイリー肌をもっと快適に!

オイリー肌(脂性肌)は改善できる!

テカリ、ベタつき、毛穴の開き。悩みが尽きないオイリー肌

皮脂が多く分泌されている肌質のことをオイリー肌(脂性肌)といいます。
オイリー肌は肌のテカリやベタつき、毛穴の開きや黒ずみ、 ニキビや頬の赤らみなどさまざまな肌トラブルに悩まされやすく、最も悩みの多い肌質とも言われています。

「オイリー肌は体質だから仕方ない」は間違い!

「オイリー肌は体質だから根本からの改善は難しい」と考えている方が多いのではないでしょうか?

たしかに皮脂の分泌量には個人差がありますが、オイリー肌トラブルに悩まされるほど皮脂分泌が多い方はそれほど多くなく、 間違ったスキンケアや生活習慣が原因でなってしまった後天的なオイリー肌がほとんどです。 その場合、スキンケアや生活習慣を見直すことで皮脂の分泌はかなり落ち着きます。

また、体質が原因でオイリー肌になっている場合でもスキンケアや生活習慣で悪化させてしまっていることがほとんどですので、 同じようにスキンケアや生活習慣を見直すことでトラブルをグッと減らすことができますよ。

Check! 大人女子がなるオイリー肌の原因と対策が知りたい!

体質以外でオイリー肌になってしまう原因は、主に3つ

(1)乾燥

辛いオイリー肌、脂性肌の悩みを抱える全ての女性へ

「乾燥」はオイリー肌になってしまう原因の半分を占めていると言われています。
お肌は乾燥すると防衛反応が働いて皮脂を過剰に分泌する仕組みとなっています。 乾燥しているために皮脂が過剰に分泌されてしまい、オイリー肌になっているケースが非常に多いのです。 見た目にわかりにくい分、普通の乾燥肌より厄介かもしれません。

Check! 顔が脂っぽいのに乾燥している理由がちゃんと知りたい!

(2)生活習慣

辛いオイリー肌、脂性肌の悩みを抱える全ての女性へ

ストレスや睡眠不足はホルモンバランスを崩し、皮脂分泌を活発化させてしまいます。 睡眠不足やストレスが健康に悪い事は常識ですが、実はオイリー肌の原因にもなるのです。

(3)食生活

辛いオイリー肌、脂性肌の悩みを抱える全ての女性へ

食生活がお肌に与える影響は多大なものです。
揚げ物や肉料理など脂質の多い食べ物は、体内で皮脂の素となる中性脂肪に変化し、皮脂を過剰に分泌しやすい環境を作ります。 脂っこいものが大好きという方は特に注意が必要です。

Check!  顔のギトギト皮脂を抑える食べ物ランキング!

「保湿」はオイリー肌(脂性肌)を改善するカギ

オイリー肌の半分以上が乾燥している?!

さきほど少しお話したとおり、乾燥が原因でオイリー肌になってしまっている方は非常に多く、オイリー肌に悩む人の約半分とも言われています。 そのため、オイリー肌を改善するためには「保湿」が重要なポイントになります。

保湿のコツは、オイリー肌に適した保湿成分を選ぶこと

オイリー肌の方は保湿をあまりしない傾向にあります。
その理由として「肌の表面は皮脂で潤っているため乾燥を感じない」ということがまず挙げられますが、 「保湿をするとベタつき、ニキビができる」ために保湿をしたくてもできないという場合もあります。

肌がべたつかない保湿のコツは、オイリー肌に適したアイテムを選ぶこと。
水分も油分も足りていない乾燥肌と、水分は足りていないが油分は有り余っているオイリー肌では保湿の仕方も変わります。 保湿効果の高いアイテムは乾燥肌用に作られていることが多く、オイリー肌には不向きです。

オイリー肌に適しているのは、「油分控えめ」「ヒアルロン酸」「セラミド」「プラセンタ」などの高保湿成分が配合されているアイテムです。 「さっぱりタイプ」や「オイリー肌(脂性肌)用」と書かれているアイテムをチェックしてみましょう!

Check! オイリー肌が改善できる高保湿成分ランキングをご紹介!

「とりすぎケア」はオイリー肌(脂性肌)を悪化させる!?

「とりすぎケア」はオイリー肌(脂性肌)を悪化させる!

皮脂を取り過ぎると、皮脂はさらに分泌される!

オイリー肌に悩んでいると「皮脂なんていらない!」と思ってしまいますよね。
ですが、皮脂は元々「肌を乾燥や刺激から守る」という肌のバリア機能としての役割を持っています。 皮脂があるからこそ、お肌は潤いを保つことができています。いらないのはあくまで「過剰に分泌された皮脂」だけなのです。

ですが、必要な皮脂までとってしまっている方が非常に多いのです。
お肌に必要な皮脂までとると、肌は皮脂を以前より多く分泌します。 皮脂が全部なくなるということは、肌からすると自分を守るバリアがなくなるという大変な緊急事態なので、防衛反応が過剰に働いてしまうのです。

気をつけて!皮脂を取り過ぎてしまうNG行動

(1)過度な角質ケア

過度な角質ケア

「スクラブ」「ピーリング」「剥がすタイプのパック」など肌をさっぱりさせてくれる角質ケアはオイリー肌さんにとって欠かせないものですよね。 しかし、さっぱりするということは多くの皮脂を奪っているということでもあります。角質ケアは1週間に1度程度にとどめましょう。

(2)オイルクレンジング

オイルクレンジング

オイルクレンジングの魅力といえば手軽なのに濃いメイクもスッキリ落としてくれる高い洗浄力ですよね。しかし、その高い洗浄力こそが問題なのです。 オイルクレンジングを使用すると、その高すぎる洗浄力でメイク汚れだけでなく皮脂までゴッソリ落としてしまい、オイリー肌を悪化させてしまいます。 オイリー肌の方には、洗浄力の穏やかな「ミルククレンジング」「クリームクレンジング」がオススメです。

Check! オイリー肌女子に今人気のクレンジングを一挙ご紹介!

(3)あぶらとり紙

あぶらとり紙

あぶらとり紙といえばオイリー肌の必須アイテムですが、皮脂を吸着する力が強いために皮脂を取り過ぎてしまう危険性も。 使用は1日に2回程度に留める、ぎゅっと押し付けない、使ったあとは保湿をするなど使い方には注意する必要があります。

Check! オイリー肌女子が知っておきたいあぶらとり紙の使い方ガイド!+++

正しいケアで、オイリー肌をもっと快適に!

悩みが多いオイリー肌ですが、正しいケアを続けていけば毎日を快適に過ごすことができるようになります。 いきなり全てのスキンケアや生活習慣を変えるのは難しいですが、出来ることから始めていきましょう。

「オイリー肌の正しい知識と対策マニュアル」がオイリー肌に悩む皆さまのお役に経てば嬉しいです♪

お悩みから探す