顔が皮脂でベタベタなのに、乾燥もしてしまう理由は何なの?

顔が皮脂でベタベタなのに、乾燥もしてしまう理由は何なの?

オイリー肌なのに乾燥もするなんて辛すぎる・・・理由はなんなの?

「テカリやベタつきといった脂性肌の症状が出ているのに、なぜか乾燥も感じる…」

そんな悩みを抱えていませんか?脂性肌と乾燥肌、どちらか一方だけでも大変だというのに、一度に両方の症状が出てしまうとケアも二倍大変になってしまいますよね。

この「顔が脂っぽいのに乾燥している」状態は、「混合肌」と「インナードライ」、二つの肌質で見られる症状です。

「混合肌」と「インナードライ」、それぞれの正しい対処法を知っていきましょう!

おでこはベタベタ、頬はカサカサ・・・そんな人は「混合肌」かも?!

混合肌とは、名前の通り「脂性肌と混合肌が混合している肌質」のことをいいます。Tゾーンはベタベタするけど頬や顎周りのUゾーンは乾燥を感じるという場合は混合肌である可能性が高いです。

元々日本人は混合肌が多いので、混合肌であること自体は問題ありません。しかし、Tゾーンがあまりにベタついたり、逆にUゾーンが異常に乾燥している場合はケア方法に問題があると考えられます。

混合肌ケアは「スキンケアの使い分け」がポイント

混合肌のスキンケアは、Tゾーンにはさっぱりした使い心地のアイテムを、頬には保湿重視のアイテムをといったように、その部位に合ったアイテムを使い分けるのがポイントです。どちらか一方の肌質にだけ合わせると、もう一方の肌質の部分に負担がかかってしまいます。

また、混合肌のうち特に脂性が気になる場合は紫外線の影響や洗顔のしすぎなど刺激が原因かもしれません。

皮脂は元々肌を刺激や乾燥から守る役割があるので、刺激をうけると盛んに分泌される性質があるのです。つまり、皮脂が気になるからと脂取り紙を頻繁に使ったり、一日に何度も洗顔しては逆効果!スキンケアを見直してみましょう。

一見オイリー肌のように見えるけど中はカサカサ!「インナードライ」

インナードライは偽脂性肌とも呼ばれ、「肌表面は皮脂が過剰に出ているけど内部は乾燥してしまっている肌質」のことをいいます。

インナードライは、乾燥が原因で脂性肌になってしまっている状態です。

というのも、皮脂は本来、肌内部の水分が蒸発しないように皮脂で肌表面に膜を張ることで肌を守るという役割を持っています。そのため、水分不足を感じると、肌はこれ以上乾燥しないように必死に皮脂を分泌してしまいます。これがインナードライの仕組みです。

インナードライは、外から見た分には普通の脂性肌と変わりません。そのため乾燥した状態がなかなか改善されず、皮脂が出続けてしまうのです。

難しいインナードライのケアは「肌をいたわる」のがコツ

インナードライで大切なのは、「刺激を避け、保湿をしっかり行う」ことです。

ここで問題になるのは保湿アイテム選びです。インナードライは内部は乾燥していますが表面には皮脂がたくさん出ている状態なので、普通の保湿アイテムではベタついてしまうこともしばしば。油分控えめのものを選ぶなど工夫が必要になってきます。

また、インナードライはとてもデリケートな状態のため、スクラブやピーリング、過度の洗顔のような刺激の強いケアは避けましょう。

肌状態をしっかり見極めて、自分にピッタリのケアを見つけよう

今回は「混合肌」と「インナードライ」、二つの肌質について説明させていただきました。どちらの場合でも共通していえるのは、肌の状態をしっかり見極めることが大事だということです。

「脂っぽいのに乾燥している」という状態のお肌はとても揺らぎやすく、季節の変わり目やストレスなどで状態が変わり、昨日まで合ってたケアが今日は合わないということも少なくありません。

混合肌だからこのケア、インナードライだからこのケアと決めつけず、毎日の自分のお肌と相談してケアを柔軟に変えていくことが大切です。難しく感じるかもしれませんが、自分の肌としっかり向き合えば、自分にピッタリなオーダーメイドケアがきっと見つかりますよ!

お悩みから探す