オイリー肌必見!あぶらとり紙の正しい使い方

オイリー肌必見!あぶらとり紙の正しい使い方

オイリー肌の必需品「あぶらとり紙」の正しい使い方って?

あぶらとり紙といえば、オイリー肌女子なら誰もが持っているアイテム。オイリー肌なら毎日使うのが当たり前!必需品といっても過言ではありません。

でも……そのあぶらとり紙、本当に正しく使えていますか?

こちらのページでは、あぶらとり紙の正しい使い方についてお話させていただきます。

意外な事実!あぶらとり紙で皮脂を取り過ぎるのはNG!

テカリやベタつきの気になるところにあぶらとり紙をぎゅっと押さえつけて、皮脂がとれなくなるまで何枚も使う。

もし貴方があぶらとり紙をこんな風に使っているなら要注意!この使い方では皮脂を取り過ぎてしまい、逆にオイリー肌を悪化させてしまいます。

「あぶらとり紙で皮脂を取っただけでオイリー肌が悪化するなんてどういうこと?」と思ってしまいますよね。この疑問の答えは、皮脂分泌のメカニズムに隠されています。

皮脂を取り過ぎると皮脂が分泌されるってホント?

皮脂は気になるテカリやベタつきの原因ですが、元々はお肌のバリア機能という大切な役割を持っていて、お肌に一定量必要なものです。その一定量の皮脂が足りなくなると、肌の防衛機能が働き皮脂をどんどん分泌するようになっています。

あぶらとり紙を間違った方法で使用すると、お肌に元々必要な皮脂まで取ってしまうため、かえって皮脂を分泌させてしまうのです。

オイリー肌女子必見!あぶらとり紙の正しい使い方ガイド

オイリー肌を悪化させない、「皮脂をとりすぎない」あぶらとり紙の使い方をご紹介します!

使うときは、肌に「乗せる」だけ!

皮脂をできるだけとりたいからと肌にギュッと押し付けるような使い方をする方が多いですが、そのような使い方は皮をとりすぎてしまうだけでなく肌への負担にも繋がります。

あぶらとり紙を使用する際は、肌に乗せ、あぶらとり紙に軽く皮脂を吸わせるようにしましょう。

あぶらとり紙の後は保湿!

あぶらとり紙を使用したあとは、スプレー化粧水などで保湿してあげましょう。

あぶらとり紙はその優れた吸収性で皮脂だけでなくお肌の水分も一緒にとってしまうので、乾燥しやすい状態になります。乾燥も皮脂を過剰分泌させる原因となるので、あぶらとり紙のあとは必ず保湿を心がけてください。

乾燥しやすい冬場などは、あぶらとり紙の代わりにティッシュを使用するとよいでしょう。ティッシュはあぶらとり紙より吸収能力が低いため、あぶらとり紙ほど皮脂や水分を取りすぎません。

あぶらとり紙は一日二回まで!

あぶらとり紙は多くても一日に二回までの使用にとどめましょう。

いつ使うか迷うところですが、おすすめはメイク前やメイク直しのときの使用。メイク前に余分な皮脂をとると、メイクのノリもよくなりますし、メイク崩れを防ぐことが出来ます。

正しく使用すれば、あぶらとり紙はオイリー肌の強い味方♡

間違った使い方をするとオイリー肌を悪化させてしまうあぶらとり紙ですが、正しく使えばオイリー肌さんの毎日を快適にしてくれます♪

皮脂をとりすぎないことを常にこころがけながら、あぶらとり紙を上手に使っていきましょう。

お悩みから探す